【しあわせねこの会】次回の里親会/譲渡会は10月14日(日)、28日(日) 13:30 ~ 15:30 開催です。

しあわせねこの会

「しあわせねこの会」は朝霞市・和光市・志木市など埼玉県南西部を中心に活動している、猫のためのボランティア会です。
周辺地域の野良猫が増えないように去勢・避妊手術を施していくTNR活動と、さまざまな事情でやむを得ず保護した猫のために、新しい飼い主さんを見つける「里親会」(譲渡会)を主催しています。
TNR活動と里親会(譲渡会)を通して、猫と人が幸せな毎日を過ごしていくことを願って活動しています。

会の名前について

拠点としている地域名が由来です。志木市の「し」、朝霞市の「あ」、和光市の「わ」、埼玉県南西部の「せ」、これをつなげて「しあわせねこの会」。
正式名称は「志木・朝霞・和光・埼玉県南西部 猫の里親会」です。どうぞよろしくお願いします。

里親会/譲渡会

外で暮らす猫たちの環境は、厳しいものです。「しあわせねこの会」ではTNR活動と並行して、厳しい環境で生活している猫や健康状態に問題を抱えている猫などを状況によって保護する場合があります。また、さまざまな事情によって、捨てられた猫や子猫などを保護することもあります。
私たちはそのように保護した猫たちを飼い猫として迎え入れ、終生大事にかわいがってくれる飼い主さんを見つける「里親会」(譲渡会)を開催しています。

譲渡会に参加している猫たちは、保護後、必ず動物病院で健康状態を診てもらい、必要な検査や治療を施し、新しい里親さんに迎え入れてもらえる状態になるまで、会のスタッフや協力してくださる方が大事に育てています。生後数ヵ月の子猫やいろいろな年齢の成猫、時には生死をさまよう状態を乗り越えて健康を取り戻した猫など、さまざまな保護猫が譲渡会に参加します。

私たちは保護施設(シェルターなど)を持っていません。会のスタッフや協力してくれる方の自宅で保護しており、いつも手いっぱいの状態です。そのため、原則として代わっての保護・お世話はできませんが、方法やポイントなどを経験豊富なスタッフがアドバイスします。

保護猫を新しい家族として迎えて、終生一緒に暮らす。そこにはきっと、たくさんの発見とよろこび、そしてしあわせが待っています。

TNR/ティーエヌアール

「しあわせねこの会」では、地域の野良猫がこれ以上増えていかないよう、捕獲して去勢・避妊手術を施した後、もとの場所に戻す活動「TNR/ティーエヌアール」を行っています。
TNRは Trap→Neuter→Returnの頭文字からこのように呼ばれ、多くのボランティア団体の方々がこの活動に取り組んでいます。

「T」・・・Trap/トラップ、捕獲器などでつかまえる
  ↓
「N」・・・Neuter/ニューター、去勢・避妊手術を施す
  ↓
「R」・・・Return/リターン、もとの場所に戻す

地域でTNRを行うことは、野良猫たちの数、そして猫に関するトラブルの減少につながります。去勢・避妊手術を施した猫の耳にはV字のカットを入れ、手術済とわかるような印をつけています。その耳の様子が桜の花びらにも似ていることから、「さくらねこ」と呼ばれます。このようなTNR活動は、ルールに沿った餌やりや猫用トイレの設置などを含めて「地域猫活動」と呼ばれています。(写真:左耳にV字カットがある「さくらねこ」)

私たちはこれまで志木市の住宅街やマンション周辺、柏町公園、富士見市新河岸川周辺と住宅地、朝霞市黒目川一帯や住宅地、和光市樹林公園と住宅地やトラックターミナル、福祉の里周辺、練馬区の大泉中央公園、さいたま市の秋ヶ瀬公園などで900匹以上のTNRを行ってきました。日々、継続中です。

支援物資・ご寄付のお願い

会の活動・運営は、ご協力いただける方からのご寄付で成り立っています。
猫用ドライフードやウェットフード、猫用おやつなどの支援物資、また寄付金のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。里親会・譲渡会の会場へ直接ご持参いただけますと幸いです。