次回譲渡会は11/14(日)、12/12(日) 13:30~15:30です

和光市でのTNR報告

和光市でのTNR報告

2021年2月から4月までの行政枠の和光市でのTNR報告をいたします。

どうぶつ基金」の無料不妊手術チケットを使い、
和光市内の各地区において20頭の野良猫の不妊・去勢手術を実施しました。
これは多くの方々の資金がどうぶつ基金に寄付されたことによって
実現できたもので、「しあわせねこの会」として心から感謝いたします。
猫が増えなくなり、人も動物も穏やかに生きられることを願っています。
今後とも「公益財団法人どうぶつ基金」と「さくらねこ」への
ご理解ご支援をお願いいたします。

                 しあわせねこの会 代表 白井


耳にV字カットがある「さくらねこ」



★TNRとは地域の野良猫がこれ以上増えていかないよう、
捕獲して去勢・不妊手術を施した後、
もとの場所に戻す活動のことです。

Trap(トラップ/捕獲器などで捕獲)→
Neuter(ニューター/去勢・不妊手術を施す)→
Return(リターン/もとの場所に戻す)の頭文字からこう呼ばれ、
多くのボランティア団体の方々が取り組んでいます。

去勢・不妊手術を施した猫の耳にはV字のカットを入れ、
手術済とわかる印をつけています。
その耳の様子が桜の花びらにも似ていることから、
「さくらねこ」と呼ばれます。

このようなTNR活動は、
ルールに沿った餌やりや猫用トイレの設置などを含め、
「地域猫活動」と呼ばれています。

「さくらねこ」をみかけたら、あたたかく見守ってあげてください。